FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
書道は大好きです。5歳の時からずっと続けています。小学校の時の書道教室の先生にも中学高校の書道の先生にもとてもお世話になり今でも感謝しています。高校は書道部でした。
今はもう仕事で通うことはできませんが、週1~2回位は筆で文字を書いています。お世話になった人に心を込めて筆で手紙を書くと、自分の心が洗われるような気がします。
見る方では、人格者の書く雄渾な字や心の澄んだ人の書く深みのある字に引きつけられます。その人の心が墨筆紙を通して私に語りかけてくるような気がして大いに励まされます。
つい先週の2月4日、大好きな東京の相田みつを美術館に行ってきました。
相田先生のほんものの字を沢山見ることのできる常設の美術館です。
http://www.mitsuo.co.jp/museum/exhibition/img/kikaku48.jpg
今回心を打たれたのは、作品の向うに見える『人間相田みつを』の生きざまでした。
晩年脚光を浴びるまで、苦しい生活の多かった相田先生は、生きるためにデザインの仕事をします。
今回の作品展では、その時デザインした包装紙他が沢山展示されていました。
真剣さ、あたたかさ、厳しさ、清澄感、やさしさ、緊張感がものすごく伝わってきて、圧倒されました。
励まされたり、癒されたり、勇気とか元気が湧いてくる美術館です。
毎回新しい発見があります。是非一度お出かけ下さい。
感謝の気持ちを筆先に沢山こめて、これからも字を書いていこうと思います。

スポンサーサイト
2010.02.12 / Top↑
少し雨の降る休み、明石・魚の棚(うおんたな)にタコを食べにいきました。
明石では、たこ焼きのことを玉子焼とも言うようで玉子焼専門店が本当に沢山ありました。
朝10時過ぎについて、商店街の中を歩きました。
浜でとれたばかりの活きのいいカレイは、体を直角にくねらせてばたばたしています。イイダコはカゴの中から踊り出して外に落ち、ものすごく元気です。少し浜を向いて歩くと水揚げした魚の競り場があります。すぐそばが海なので活きがいいわけです。そのタコを使った玉子焼、2件ハシゴしてみました。期待通りおいしく満足しました。
最初の店は、商店街の外れにありましたが朝10時半にしてもう3組ほど外に並んでいました。20個800円のたこ焼きはふわっとしておいしく癖になる味です。最初は塩をつけて食べて下さいとのこと。これが美味しくてダシに浸したりソースをつけたりしましたが、結局ほどんどを塩で食べました。タコのおでんもありました。サインなんかも掛かっています。桂三枝、ざこば、やしきたかじん、いろんな人が来店しています。
2件目は、商店街の中のお店でなぜかカンバンには甘党と書いてあります。
15個確か640円だったでしょうか、それくらいでした。さっきのお店より、しっかりと焼いてあり、香ばしい味がしました。三つ葉を3mm位に切ったものをダシに入れて食べます。2件入っただけでもこうした薬味、調味料、ダシの濃さが違い、興味深いです。どこのお店も美味しそうです。
タコとイカの天ぷらのくし(180円)、たこコロッケ(180円)、いいだこ1匹をまるごと揚げた天ぷら(100円)などを食べ歩きました。いいだこの天ぷらは安くておいしかったです。
そこから北へ少し歩くと明石公園です。明石城の裏に大きな池があり、そこに足漕ぎボートや手漕ぎ小舟が幾つか浮かんでいます。足漕ぎボートに乗ってみました。冬で寒いせいか他に乗っている人もなく、大きい池は貸し切りでした。足で漕ぐので全然寒くなく、池が広くゆったりとして、とても気分がいいです。カモが泳いでいました。ここはおすすめです。
明石の駅の下にミスタードーナツがあります。アメリカ生まれのミスタードーナツですが、本家アメリカの方がもうないそうですが、日本のミスタードーナツは丁度40周年になるようです。当社も昨年40周年ということで親近感が湧きます。ドーナツの種類もとても多いし、紅茶はポットサービスで出てくるし、珈琲もおかわり自由なので、ゆっくりと休むことができます。
結局4時間半滞在していました。そんなにいた気がしないのに、本当に楽しいまちです。是非是非お出かけ下さい。
2010.02.02 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。