上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
箕面のムッシュマキノが新しい店を出したと教えて頂いてさっそく行ってきました。
その店はロマンチック街道沿いにある1号店の並びにあります。
着いたのは9:50頃。まだopenしていませんでしたが、気さくにどうぞと招き入れて下さいました。
店内はいろいろなお菓子があふれていて陳列もおしゃれでした。
奥の喫茶室に入り、腰を下ろしました。

DVC00031.jpg

写真ではうまく写りませんが、天井が高く架けられた照明はきらきらと光っておしゃれです。
紅茶をたのんでみました。

DVC00028.jpg

こうやってポットサービスで出されるとゆっくりできて何杯も飲めてお茶のみの私には嬉しいです。
青い砂時計の砂が落ち切ったときが、紅茶の飲み頃です。

DVC00024.jpg

隣のケーキ売り場選んだケーキが出てきました。
ゆったりした気分でゆっくりと寛ぐことができました。
人気店で込み合いますので、誰も来ていない朝一番がオススメです。

帰りに車で甲山に登ってみました。

DVC00015.jpg

いく先々至る所で山が紅葉していてとても綺麗でした。紅葉も見ごろです。
帰りに近所の東三公園にもよってみました。

DVC00006.jpg
DVC00004.jpg
DVC00002.jpg

落ち葉と花が美しい公園です。
今日は11月30日、いよいよ12月です。
スポンサーサイト
2009.11.30 / Top↑
よく晴れた朝、須磨の離宮公園を訪ねました。

離宮公園

写真ではあまりうまく分かりませんが、噴水の広場は、ゆったりとして広く、須磨の海を見渡すことができ、癒されます。
神戸市立須磨離宮公園のホームページ
http://www.kobe-park.or.jp/rikyu/

今は、丁度バラが広場に沢山咲いています。
DVC00144.jpg

バラ

階段があり、登り切ったところから海を見渡すのもよし、海側の大噴水から山を仰ぎ見るのもまた美しく、沢山の噴水に囲まれてイオン浴をしながら、西洋風のよく手入れされた芝生の上に咲く沢山の美しいバラを随分と長い間ゆっくり眺めていました。花にはみつばちが訪ねてきていて、ひたすら長閑です。10時半を過ぎると賑わってくるので、朝早めにお出かけになることをおすすめします。

この噴水広場でくつろいだあと、車で長田に移動しました。15分くらいでしょうか。
JR新長田駅前の地下駐車場に車を停めて階段を上がると、噂の鉄人28号があります。

DVC00136.jpg

予想以上に大きくてびっくりしました。沢山の人がデジカメや携帯で鉄人の足下から写真を撮っていました。商店街のなかで、カツ丼とミニうどんを食べて、長いアーケードを歩いていきました。
震災で被災され、大変だったと思いますが、商店街の人達の自助努力と横山光輝氏の人気アニメ鉄人28号や三国志の力を借りてユニークな町おこしをされ、まちににぎわいがもどってきたのは、本当によかったとつくづく思います。途中震災で町がどうなり、何が町を支え、どのように復興してきたかパネル展示をしている場所もありました。震災から15年が経とうとしていてますが、その爪痕はそう簡単に消えるものではないと思いますが、町の人達の活気に勇気づけられた気がしました。

アーケードの下、店の屋根くらいのところに三国志の登場人物のペナントが等間隔に架けられています。曹操、周瑜、典韋、馬超、諸葛亮、董卓、司馬懿、張飛、馬謖、呂布…全て違うペナントが架けられていて、高校時代に何度も何度も読み返した吉川英治の三国志全8巻の色々なシーンを思い出しました。途中、商店街の中に廟があったり、石像があったりしました。

商店街の横に沖縄のアンテナショップがあります。
お酒やお菓子など結構沢山の沖縄の名産品が販売されていますので、レストランもあり沖縄ファンの方は訪ねてみて下さい。

ぐるっと商店街をまわると1時間くらい経っていたでしょうか。駅のそばまで戻ってきました。
鉄人28号の横の建物で鉄人28号と昭和のくらし展が開催されていました。

DVC00121.jpg

展示スペーズとしてはそれほど広くはないのですが、結構充実していて沢山の人で賑わっていました。

DVC00119.jpg

その中で、私のイチオシを紹介します。
ポスターの展示スペーズにあった1枚です。
『人工衛星と人類の破滅』
と題した映画の告知ポスターと思われますが、
上の方に写っている空を飛ぶ人の顔の真剣な感じが
何ともいえず、私の心を揺さぶり、つかんで離してくれませんでした。
一旦会場を後にしたのですが、わざわざ戻って撮影しました。
力のあるポスターなので、近くを通ったら是非直接鑑賞されることをおすすめします。

DVC00125.jpg

次は、コント55号とミーコの絶体絶命のポスターです。
いろんな人が写っていますが、若き日の由美かおるがとても印象的な1枚です。

DVC00127.jpg

今度は、昭和の家の中を覗ける展示です。

DVC00132.jpg

これは、グリコのキャラメルのおまけです。

近くを通られたら、長田の鉄人と昭和の展覧会を訪ねてみられてはいかがでしょうか。
2009.11.24 / Top↑
新名神ができて、高速の割引もあり、伊勢が時間的にも金銭的にも随分と近くなりました。
朝、6:00に名神西宮発→草津JCT→新名神→亀山JCT→伊勢道伊勢西→8:10神宮外宮着
2時間と少しで伊勢神宮に着きます。交通費は休みだったので、片道2500円だったと思います。

丁度宇治橋の架け替えが行われていて、式年遷宮を控え伊勢は賑わっています。
式年遷宮は、20年に1度お宮を建て替えて神様に新しいお宮におうつりいただく行事ですが、今度は平成25年10月に行われます。それに伴い、お白石持ちやお木曵きなど沢山の準備行事があり、伊勢は賑わっているわけです。現在は米座で25年からは金座にお遷りになります。

外宮にお詣りし、9時過ぎに内宮到着。
神宮会館の駐車場に車を停め、おかげ横町を通り抜けて、おはらい町から内宮へ。五十鈴川を見るとすがすがしく心が洗われるようです。今回は神楽殿横の御饌殿で御饌をお願いしました。いつ来ても素晴らしいところです。

お詣りしたあと、ゆっくりとおはらい町を歩きました。この1~2年でまた随分と綺麗になったように思います。伊勢うどんを食べて、軽く腹ごしらえをしたあと、豆腐庵山中さんへ。こちらのとうふソフトは、とうふでつくったソフトクリームです。あっさりととても美味しい伊勢名物です。さらに少し歩いて赤福さんへ。大きな赤い茶釜で沸かしたあつあつのお茶とできたての赤福を横を流れる五十鈴川を眺めながらいただくのは、何ともいえません。伊勢の食べ歩きは楽しいです。さらにおかげ横町を散策。駐車場を出たのは正午前でした。

猿田彦神社→古い商家の建ち並ぶ河崎商人館→賓日館→二見が浦の夫婦岩→二見興玉神社→鳥羽水族館→パールロード→鳥羽展望台と次々と名所を訪ねました。パールロードはとても自然の景観が美しく、癒されます。気がつくと宿のある賢島に到着していました。

賢島に着いて、伊勢なので海鮮を食べようと思い、鮨『暁』へ。ここの祭ちらし(赤出し、漬け物付)が、とても美味しかったです。さまざまな新鮮な海鮮がちりばめられていて、まさに宝石箱のようでした。店の人たちの対応も非常によく気持ちのいいお店です。地元でもとても人気があり、お客様がつぎつぎにやってきて大量にお持ち帰りをしていきます。おすすめのお店です。

宿は賢島ハーバーに泊まりました。海から30cmのところに建つオーシャンビューのかわいい宿です。3階の部屋はとても広くてよかったです。また、スペイン村の株主優待券(半額券)をいただけるので、本当に助かります。明るいやさしい宿でした。

翌朝、宿で盛り沢山の朝食をとり、スペイン村へ出発。(9:05)
スペイン村到着。パスポートを半額で買う。(9:17)
入場(9:30)
カルメンホールに直行。(四季フラメンコを予約。先着5名だけフラメンコダンサーの人達と舞台で記念撮影をしてもらえます)
光の宮殿、スペインの街並み、コロシアムでミュージカル、ハビエル城博物館、クエントスの森、ドンキホーテ冒険の旅、アドベンチャーラグーンなど、アトラクションを堪能し、ランチのパエリアを食べ、さらにマタドールという室内ジェットコースター、スプラッシュモンセラー、アルカサスの戦い、グランモンセラー、エスパーニャカーニバルと息つく暇なくまわり、四季フラメンコをドリンクを飲みながら鑑賞。本場でも名の通った演出家の手掛けるショーは迫力と魅力に溢れていました。記念撮影もよい思い出となりました。3:30、スペイン村を出ました。
パールロードを通って、夕方二見が浦に戻り、松風軒で手こねずしを食べ、御福餅を買って帰りました。夜8:00には家に着いていました。盛り沢山の1泊2日の旅でした。
是非、伊勢にお出かけ下さい。

2009.11.06 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。